上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20060818113837


会社に糸トンボが入ってきたので思わずget!(笑)
虫嫌いなバイトさんが(男)ドン引きしてたりして
それをみて楽しむ僕。
二重に楽しいねぃ(ニヤリ)

で。
今日は会社で変なテストが執行されまして・・

『車の日常点検テスト』

僕事務なんで関係ありませ~ん。
とか言いたくなるわけで。
でも、まぁ車乗ってるわけだし、とりあえずやってみる。

1.ウィンドウォッシャ液が空の状態で、ウォッシャスイッチをいれるとモーターが破損する可能性がある。
(あぁ、壊れるんだぁ~・・・とかしみじみ思いながら○を選ぶ)

2.ブレーキ液はリザーバタンク内のMINより少なくてもよい。
(しらねぇ。とか思いつつ×を選ぶ)

3.バッテリの液量が規定の範囲にあるかを確認するいい方法は車両を揺らすなどして規定範囲(UPPERとLOWRの間)にあるか目視することである。
(や。しらんってば。と思いながら、車学でやったことを思い出したので、○)

4.冷却水が著しく減少しているときは、ラジエータ、ラジエーラホースからの水漏れの恐れがある。
(うん、きっとそう。と言い聞かせ○を選ぶ)

5.エンジンオイルはオイルレベルゲージを用いた確認で範囲内にあれば色が悪くなっていても交換の必要はない。
(自分で交換したことないからわからんよ。むしろ、距離で交換しますから。とか思いつつも×を選ぶ)

6.タイヤの空気圧が低くても燃費に影響しない。
(あ。これはお兄様達が言ってた。ものごっつい影響しますから×)

7.タイヤにスリップサインが現れたら、タイヤを交換したほうがよい。
(スリップサインって何?とか思いつつ、○)

8.ブレーキペダルをいっぱいに踏み込んだとき、床板との隙間が少なくなっていてもブレーキ液の漏れ、空気の混入によるブレーキの効き不良の恐れはない。
(ブレーキには遊びが必要だったはず!とか思い直し×)

9.ワイパのふき取り状態のチェックは必ずウィンドウォッシャ液を噴射してから行なう。
(チェックしねぇ~。雨が降ればわかるべさ。とか思いつつ、ガラスが傷つくから○)

10.エンジンが速やかに始動すれば、その後は少々異音が生じても問題はない。
(いや。大いにあるだろそれ。とか突っ込んで×)


とかやってたら。
前門正解な兆し(笑)

点検しなくても知識だけは持っておきたいものだよね???
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 scapegoat, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。